模試を利用する

中学受験の偏差値アップの為模擬試験は受けるべきなのでしょうか。答え正解です。やはりなかなか中学受験を模擬試験を受けないですんなりパスする子供さんも希のようです。模擬試験は現在の子供さんの実力がどの程度なのかと言うことを知る方法です。そして何よりもっと大事なことは模擬試験を受けることで、試験に慣れることが出来ます。中学受験という慣れない舞台にあがり、本来の実力がなかなか発揮出来ないと言うのも実際にはよくあることです。

人に弱いと言う子供さんがいます。監視する担当者にプレッシャーを感じて、更に一緒に試験を受けている子供たちにプレッシャーを受けてしまうことになります。そしてもう一つの大事なプレッシャーと言えば時間です。中学受験では時間とも戦っていかなければなりません。模擬試験でどのように時間を配分して使用して行けばいいかということを経験して行くことになります。

中学入試の模試試験には3大模試と呼ばれるものがあります。日能研 模試であり、 四谷大塚 模試であり、首都圏 模試がそれです。それぞれの模試によって更に難易度と言ったものが変わって行きます。例えば日能研模試の場合、日能研の塾生を対象にしているので、その生徒以外は難しいと感じるかもしれません。