塾へ通う

中学受験の偏差値アップの為に、塾と言う選択があります。昔なら塾と言えば集団指導塾のことを言ったものですが、今では集団指導塾、個別指導塾という選択があり、方法によっては家庭教師という選択もあります。まずご両親はお金の問題をじっくり考えてみましょう。一番価格が高いものが家庭教師であり、次に個別指導塾、集団指導塾と続きます。

子供さんがある程度積極的に勉強をする、偏差値も平均的、苦手科目がそれほどある訳ではないと言う場合には、全然集団指導塾で問題はありません。集団指導塾で子供さんが一緒に刺激を受けて競争することが出来ます。しかし集団指導塾はちょっと苦手科目を持っている子供さんの場合、取り残されてしまうことになりますので、このような場合には個別指導塾、更に家庭教師をおすすめします。集団指導塾の場合は一人がスローペースで取り残されても待ってくれることがありません。

しかし個別指導塾、家庭教師の先生ならじっくり子供さんが追いついてくれることを待つことが出来ます。中学受験のために塾へ通うことをおすすめしないと言うことではありません。子供さんのやる気と、家計の状況をしっかり把握して正しい塾の選択をしてください。そしてどの塾も優れていると言う訳ではありません。