社会をどうする

中学受験において、地理や歴史などなかな期待通りの偏差値にならないという子供さんはどのような努力をしなければならないかお話ししましょう。社会は鼻から暗記しなければならないものとして後回しにしてしまうケースが多く見受けられます。そのような子供さんはなかなか偏差値が伸びて行かないようです。中学受験の寸前で思い切り詰め込む勉強にはリスクが多く存在します。中学受験では子供さんは算数、国語と言ったもの軸に考え社会を後回しにするケースも多くあります。なかなか効率いい勉強をしない限り、社会まで手が届かないようです。

社会には算数、国語のように基礎が応用出来る問題がほとんどありません。社会はその言葉が直感的に判るか否かと言うことです。しかし社会こそが一番私達の日常生活と密着しているといえる科目なのではないでしょうか。案外社会こそ一番最初に中学受験の為に偏差値アップが期待出来るものかもしれません。 後から社会は最初にしておけば良かったと後悔するものかもしれません。 社会はなかなか興味を持つことが出来ないから先へ進んでいくことが出来ません。どのような方法でなら興味を持つことが出来るかと言うことを考えてみましょう。