国語・読解も基礎より

中学受験偏差値アップの為に計算能力と同時に勉強していかなければならないものが文章能力です。数字と同じくここに苦戦している子供さんも多くいます。最近の子供さんは、そもそも文章を読む機会が少ないためにこのような能力不足が起こっていると言われています。実際に算数と国語が無関係と言うことではありません。実は算数も読解力を要するものだったのです。

だから算数と国語を同時に伸ばすと言う方法があります。ここでもあまり子供さんがイライラせず、まるでパズルのような感じで楽しく成長出来ればいいですよね。国語として文章を読む能力が段々と備わって来れば、今まで難しいと思っていた算数も読み砕くことが出来るようになります。

基礎力が成長出来れば、いろいろな問題集にトライしてみましょう。 子供さんは一度でも解ける快感を得ることが出来れば、勉強に対して意欲的になることが出来る筈です。なぜこんな問題を解くことが出来ないのかと子供さんをプレッシャーで締め付けることがないようにしてください。なぜ、そのような問題が解けないのか、答えは簡単です。子供さんに基礎が備わってないのに、難しい問題をしろとご両親が要求してしまっているせいです。ご両親も反省しなければならないことがあります。